宝石

先日誘われて目黒の庭園美術館ティファニー展を見た。盛況で熱気というかなんと言うかでかなり疲れて寝込んだに近い状態。未だ半分は臥所の中という有様は情けない。
もともと鉱物とか金属は好きで見事なネックレスだとかブローチの素材をよく見たかったのだがその辺を吟味しながらの鑑賞は思うに任せなかった。
ダイヤモンドが燦然と圧倒的な光を放つ中、小さな真珠を糸で編んだ繊細なネックレスが救いのような美しさで記憶に残る。鳩の血色の極上ルビーはこの色なのか、ブラックオパールのブラックさ加減とはこれか。とか思いながら見てゆくうちにエメラルドの色が知っている鮮やかな緑ではないなと思う。むしろ此方好みの渋さが加わった色なのだ。ひょっとしてエメラルドは宝石ではなく輝石の範疇に入るのかもしれない。その区分けがよくわからないし、一般で宝石と言われている物は装身具として身に着けようとは思えないのでどっちだっていいっちゃあいい。
エメラルドが退色するもので、今日目にした褪せた色味のこの色ならば好みのうちに入れたいと思った。
ダイヤモンドがプラチナの台の上で凄まじいばかりの光を放つのを見て考えた。婚約指輪がどうしてもダイヤなら銀かせめて金の台がいい。硬質なもの同士組ませて味気ない素っ気無い優しさのかけらもない印象のものにしてしまうのはどうしてなのかと。