狐の嫁入りに遭遇

昨夕買い物にもう降らないだろうと傘を置いて出た。折り返すには遠くまで来たところで雨にあう。そおいう運の持ち主なので此の時期不意に雨にあったりすると春雨じゃといってあっさりぬれて歩く。昨日は高架下の歩道で軒を借りようと立ち止まると、入り口は雨出口は青空という小躍りしたくなるような状況に恵まれた。ニュースで新宿あたりの高層ビル街に巨大な虹が架かる図を見、嬉しかった。