パン粉

近くにおいしいパン屋があるってのも洋食を夕餉のメニューにしようと思う要因になる。
残ったパンを翌日の朝食でフレンチトウストにする話は前にも書いたが、そうたびたびは飽きるし、量的に入用が残るとも限らない。大概は乾かしてパン粉にする。フライ用ばかりではなく、アップルタルトの底に敷いたり、グラタンの上に振り掛けたり、ハンバーグステーキのパテに練りこんだり、結構使い道があるし、出来合いより断然おいしい。
ただ相当固い。おろしで下したりもするがなかなかはかがゆかないので、さらし布に包んで肉たたきで叩き崩す。布からこぼれたパン屑を踏んで痛い思いをすることもあるが、ストレスは相当に解消されるし、何より手間暇惜しまぬまめな人物に思われる。な!