谷崎潤一郎展

己は禅僧のような枯淡な禁欲生活を送るにはあんまり意地が弱過ぎる。あんまり感性が鋭すぎる。おそらく己は霊魂の不滅を解くよりも、人間の美を歌ふために生まれて来た男に違いない。己はいまだに自分を凡人だと思うことは出来ぬ。己はどうしても天才を持って居るような気がする。己が自分の本当の使命を自覚して、人間界の美を讃へ、宴楽を歌へば、己が天才は真実の光を発揮するのだ。   −「神童」−


中学生の時虜になった言葉で始まった展示を気が付けば二時間以上閉館のチャイムが鳴るまで夢中で閲覧した。
同じ年頃の谷崎が思ったこと、その後生み出されていった物語と背後で繰り広げられる実人生でのエピソード。解りやすく見事な企画の展示だったと思う。
天才とは自分の才をできるだけ早いうちに見極める能力なのだなと、再々度納得させられた。