長閑がもとで

どこかへ出かけてみるかな。  
こんな時頭の中に無意識で貯め込んだ情報が目を覚ますように浮かんでくる。視覚的なインパクトの強いものが他を制することが多いかな。
新国立のニキ・ド・サンファール展へ出かけた。黒川紀章の遺作的意匠にニキのポップな作品は似合うだろう。出来たばかりの時見に行った以来だ。

ニキ・ド・サンファールは重い過去の遺物的で今更感が拭えぬものだったけど、大昔上野あたりにあった小さなギャラリーを思い出した。工藤哲巳、三木富雄、合田佐和子...  まだ現代アートが生きていて、その力に随分魅了されたことを思い出した。

新国立ははじめて見た時と同じに、あの内部が収まっている建物とは信じられぬくらい小さく見える外観。マジックのようだ。黒川紀章の作品で一番好きかもしれない。実際より小さく見える作品で好きなものは少ないのだが。