夜の音楽会

演奏家から次のような内容の、実に蠱惑的なメッセージを受け取り、コンサートは始まった。

音楽とは夜と薄明の芸術(ニーチェ『曙光250』から)
耳が見えない恐れをききとり 音楽はことばにならない世界をしらべる


フレデリーク・ショパン
  夜想曲 作品27の2 作品48の2
  マズルカ 作品59の1 作品68の4

レオシュ・ヤナーチェク
  霧の中で」

カロル・シマノフスキ
  二つのマズルカ 作品62

高橋悠治
  夜の音


   休憩


ヴィクトル・ウルマン
  ピアノ・ソナタ第7番

ショパンヤナーチェクシマノフスキの曲は最晩年の作品とされているもので、次に演奏者自らの手になる作品が配されている(彼77歳になる)山下公園の前にある県民ホールでエリック・サティジョン・ケージを聞いてより半世紀!とんだアイロニーかと思いきや、じゃないんだよね・・・
ウルマンはこの曲を作曲して間もなくアウシュビッツに送られ、ガス室で死んでいる。アンコールにバルトーク「野外にて」ショパン マズルカ別バージョン

コンサートピッチに調律されたピアノの音はよく研がれた刃物のようで。。魔法にかかったような極上の時間を過ごさせてもらった。
浜離宮ホールもシューズボックス型といわれる作りで、異空間ぽさが濃くってすきなんだよね